印度学仏教学研究

 
Vol.1 , No.1(1952) Vol.1 , No.2(1953) Vol.2 , No.1(1953) Vol.2 , No.2(1954)
Vol.3 , No.1(1954) Vol.3 , No.2(1955) Vol.4 , No.1(1956) Vol.4 , No.2(1956)
Vol.5 , No.1(1957) Vol.5 , No.2(1957) Vol.6 , No.1(1958) Vol.6 , No.2(1958)
Vol.7 , No.1(1958) Vol.7 , No.2(1959) Vol.8 , No.1(1960) Vol.8 , No.2(1960)
Vol.9 , No.1(1961) Vol.9 , No.2(1961) Vol.10 , No.1(1962) Vol.10 , No.2(1962)
Vol.11 , No.1(1963) Vol.11 , No.2(1963) Vol.12 , No.1(1964) Vol.12 , No.2(1964)
Vol.13 , No.1(1965) Vol.13 , No.2(1965) Vol.14 , No.1(1965) Vol.14 , No.2(1966)
Vol.15 , No.1(1966) Vol.15 , No.2(1967) Vol.16 , No.1(1967) Vol.16 , No.2(1968)
Vol.17 , No.1(1968) Vol.17 , No.2(1969) Vol.18 , No.1(1969) Vol.18 , No.2(1970)
Vol.19 , No.1(1970) Vol.19 , No.2(1971) Vol.20 , No.1(1971) Vol.20 , No.2(1972)
Vol.21 , No.1(1972) Vol.21 , No.2(1973) Vol.22 , No.1(1973) Vol.22 , No.2(1974)
Vol.23 , No.1(1974) Vol.23 , No.2(1975) Vol.24 , No.1(1975) Vol.24 , No.2(1976)
Vol.25 , No.1(1976) Vol.25 , No.2(1977) Vol.26 , No.1(1977) Vol.26 , No.2(1978)
Vol.27 , No.1(1978) Vol.27 , No.2(1979) Vol.28 , No.1(1979) Vol.28 , No.2(1980)
Vol.29 , No.1(1980) Vol.29 , No.2(1981) Vol.30 , No.1(1981) Vol.30 , No.2(1982)
Vol.31 , No.1(1982) Vol.31 , No.2(1983) Vol.32 , No.1(1983) Vol.32 , No.2(1984)
Vol.33 , No.1(1984) Vol.33 , No.2(1985) Vol.34 , No.1(1985) Vol.34 , No.2(1986)
Vol.35 , No.1(1986) Vol.35 , No.2(1987) Vol.36 , No.1(1987) Vol.36 , No.2(1988)
Vol.37 , No.1(1988) Vol.37 , No.2(1989) Vol.38 , No.1(1989) Vol.38 , No.2(1990)
Vol.39 , No.1(1990) Vol.39 , No.2(1991) Vol.40 , No.1(1991) Vol.40 , No.2(1992)
Vol.41 , No.1(1992) Vol.41 , No.2(1993) Vol.42 , No.1(1993) Vol.42 , No.2(1994)
Vol.43 , No.1(1994) Vol.43 , No.2(1995) Vol.44 , No.1(1995) Vol.44 , No.2(1996)
Vol.45 , No.1(1996) Vol.45 , No.2(1997) Vol.46 , No.1(1997) Vol.46 , No.2(1998)
Vol.47 , No.1(1998) Vol.47 , No.2(1999) Vol.48 , No.1(1999) Vol.48 , No.2(2000)
Vol.49 , No.1(2000) Vol.49 , No.2(2001) Vol.50 , No.1(2001) Vol.50 , No.2(2002)
Vol.51 , No.1(2002) Vol.51 , No.2(2003) Vol.52 , No.1(2003) Vol.52 , No.2(2004)
Vol.53 , No.1(2004) Vol.53 , No.2(2005) Vol.54 , No.1(2005) Vol.54 , No.2(2006) Vol.54 , No.3(2006)
Vol.55 , No.1(2006) Vol.55 , No.2(2007) Vol.55 , No.3(2007) Vol.56 , No.1(2007) Vol.56 , No.2(2008) Vol.56 , No.3(2008)
Vol.57 , No.1(2008) Vol.57 , No.2(2009) Vol.57 , No.3(2009) Vol.58 , No.1(2009) Vol.58 , No.2(2010) Vol.58 , No.3(2010)
Vol.59 , No.1(2010) Vol.59 , No.2(2011) Vol.59 , No.3(2011) Vol.60 , No.1(2011) Vol.60 , No.2(2012) Vol.60 , No.3(2012)
Vol.61 , No.1(2012) Vol.61 , No.2(2013) Vol.61 , No.3(2013) Vol.62 , No.1(2013) Vol.62 , No.2(2014) Vol.62 , No.3(2014)
Vol.63 , No.1(2014) Vol.63 , No.2(2015) Vol.63 , No.3(2015) Vol.64 , No.1(2015) Vol.64 , No.2(2016) Vol.64 , No.3(2016)


★普通にファイルを表示するとフリーズしたようになることがありますので、
ファイルを右クリックして『対象をファイルに保存』することをお勧めします。

★Vol.55 , No.3 以後を目次に合わせて大改訂(2016/10/04)
★Vol.64 , No.3(2016) を追加(2016/10/04)
★Vol.64 , No.2(2015) を追加(2016/10/04)
★Vol.64 , No.1(2015) を追加(2016/06/15)
★最上段から元のデータへアクセスできます。(2013/04/19)

日本印度学仏教学会の『印度学仏教学研究』です。
独立行政法人科学技術振興機構(JST)により、
印度學仏教學研究』論文の Vol. 55(2007) No. 3 までがPDF化されました。
また、Vol.51 , No.1(2002)から後の号は、
印度學佛教學研究(CiNii)にて、公表されています。
使いやすくするために、論文の題名でファイル名をつけましたが、
ファイル名としては使用できない文字もあり、長すぎるものも有ります。
正確な題名や名前の読み方は論文の中で確かめて下さい。